英代表守護神、プレミア復帰は考えず?「僕はマンCにとって余計な存在」

3月14日(火)20時20分 フットボールチャンネル

 マンチェスター・シティからトリノにレンタル移籍中のイングランド代表GKジョー・ハートはプレミアリーグ復帰を考えていないようだ。イギリスメディア『BBC』が報じている。

 インタビューでハートは「僕はシティにとって余計な存在だ」と話し、古巣への復帰には消極的だ。

 ハートは今シーズンからシティで指揮を執っているペップ・グアルディオラ監督の構想外となり、現在はセリエAのトリノでプレーしている。グアルディオラ監督の決断についてハートは「彼の決断は個人的な感情からではなかった。監督としてチームが勝つために正しい選択と考えて僕を放出したのだろう」と一定の理解を示した。

 29歳のGKにはアーセナルやリバプールといったプレミアリーグのクラブが興味を示していると噂されている。来シーズンのプレミアリーグ復帰を聞かれると「イングランドでプレーすることが一番大切なことではない。一番大事なことは私をレギュラーとして使ってくれるチームでプレーをすることだ」と常時プレーできるチームを優先順位に考えているようだ。

 プレミアリーグとセリエAで合計327試合に出場している経験豊富なハート。来シーズンはどこでプレーするのだろうか。

フットボールチャンネル

復帰をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ