【メンバー発表直前】ハリルに提言したい日本代表25選手をFチャン編集部が厳選! 【編集部フォーカス】

3月14日(水)10時20分 フットボールチャンネル

GK:軸は川島永嗣

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、3月23日にマリ代表、3月27日にウクライナと対戦する。指揮官はこの2試合に向けてどんなメンバーを選ぶのか。フットボールチャンネル編集部では、これまでの日本代表の戦いぶり、最近の活躍を受けてハリルジャパンに招集すべき選手たちを選出。ハリルホジッチ監督は公式戦のベンチ入りメンバー数である23名より多い人数を招集する傾向にあるため、今回は25人の選手をピックアップしている。

——————————

GK:3人
川島永嗣(メス/フランス)
中村航輔(柏)
権田修一(鳥栖)

 ワールドカップイヤーを迎え、チーム構築も最終段階に入っている。GKの第一候補は今回も川島になるのではないだろうか。所属クラブで守護神としてプレー。マルセイユやパリ・サンジェルマンに大量得点を奪われた試合もあるが、最後尾からチームを支えている。

 中村も柏レイソルのゴールマウスを死守しており、今回も選出されて然るべき存在だろう。また、サガン鳥栖の権田も実力に疑いの余地はない。

大黒柱不在の可能性。求められるCB陣の奮起

DF:8人
槙野智章(浦和)
昌子源(鹿島)
植田直通(鹿島)
三浦弦太(G大阪)
長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
車屋紳太郎(川崎F)

 ハリルジャパンの守備の要である吉田麻也は、膝を負傷し戦列を離れている。大黒柱が不在となればチームにとって痛手だが、その分、他の選手の奮闘に期待がかかる。ここ最近評価を高めている槙野や昌子にはリーダーとして周囲を引っ張る活躍が求められる。

 また、サイドバックの長友は新天地のガラタサライでフル出場を続ける。トルコ1部リーグ第25節では逆転ゴールをアシストするなど、存在感を発揮している。

MF:どんな面々が選ばれるか楽しみなポジション

MF:7人
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
山口蛍(C大阪)
三竿健斗(鹿島)
大島僚太(川崎F)
森岡亮太(アンデルレヒト/ベルギー)
長澤和輝(浦和)
川辺駿(広島)

 ハリルジャパンに欠かせない存在となった井手口陽介だが、現在はスペイン2部クルトゥラル・レオネサで満足に出場機会を得られていない。代表に選出されればチームに貢献してくれるはずだが、選ばれるかどうかは不透明な情勢だ。

 所属クラブで質の高いプレーを見せることが選出の第一条件であれば、サンフレッチェ広島の川辺駿などは呼ぶ価値があると思うが、果たして指揮官は誰を招集するだろうか。

FW:注目はポルトガルで活躍中のアタッカー

FW:7人
大迫勇也(ケルン/ドイツ)
本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
乾貴士(エイバル/スペイン)
小林悠(川崎F)
伊東純也(柏)
川又堅碁(磐田)
中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)

 ハリルジャパンでは、サイドアタッカーもフィニッシャーの役割を担う。スペースを突き、単独でゴールに迫ることが求められるが、中島が日本代表に何をもたらせるかは気になるところ。ポルトガルで印象的なパフォーマンスを見せており、初選出を果たしても不思議ではない。

 また、EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会では思うような結果を得られなかった日本代表だが、川又や伊東など存在感を示した選手はいた。彼らが海外組の面々と共にプレーした時、どのような化学反応が起きるかも見てみたい。

フットボールチャンネル

「日本代表」をもっと詳しく

「日本代表」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ