C大阪、杉本健勇の土壇場ゴールで最悪の結果は回避。ブリーラムと2-2ドロー

3月14日(水)21時11分 フットボールチャンネル

【C大阪 2-2 ブリーラム ACLグループG第4節】

 14日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループG第4節でセレッソ大阪はブリーラムをホームに迎え、2-2で引き分けた。

 1勝1分け1敗で並ぶC大阪とブリーラムは、ともに勝ち点1差で首位の広州恒大を追っている。ここで勝った方が、グループステージ突破に大きく近づく重要な一戦だ。

 先制したのはアウェイのブリーラム。左からのCKをラッタナコーン・マイカミがニアに送ると、ヤン・ドンヒョンをかすめたボールがゴールネットを揺らした。

 C大阪は反撃を試みるも、リズムをつかみきれず、相手の脅威となる攻撃は少ない。42分には杉本に決定機が訪れたが、ヘディングシュートは枠外。1点ビハインドで折り返す。

 後半に入って攻める時間が増えていったC大阪は、65分に同点弾。左サイドの低めの位置から丸橋が質の高いクロスを入れ、中央に入ったヤン・ドンヒョンがヘディングでゴールを奪った。

 流れを引き寄せたかに思われたC大阪だが、またしてもセットプレーで状況が悪化する。71分、左からのCKをニアで触られると、ファーに流れたボールをジオゴに押し込まれてブリーラムに勝ち越しを許した。

 それでもC大阪は88分、杉本が山口のクロスにヘディングで合わせて2-2に。C大阪は最悪の結果を免れた。

【得点者】
11分 0-1 ラッタナコーン・マイカミ(ブリーラム)
65分 1-1 ヤン・ドンヒョン(C大阪)
71分 1-2 ジオゴ(ブリーラム)
88分 2-2 杉本健勇(C大阪)

フットボールチャンネル

「C大阪」をもっと詳しく

「C大阪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ