侍・山田、先制&ダメ押し弾 決勝R行き宣言「米国でも暴れられるように」

3月14日(火)23時13分 フルカウント

1番でスタメン、2発3打点で復調気配「最高の結果で本当に良かった」

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの優勝を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は14日、2次ラウンド第2戦でキューバと対戦。手に汗握るシーソーゲームの末、8-5でキューバを下し、WBC5連勝を飾った。日本は、15日の第1試合でキューバがオランダに勝てば、イスラエル戦を前に決勝ラウンド進出が決まる。

 トリプルスリー男の一発で勢いをもたらし、一発で突き放した。1番・山田は初回に先頭打者アーチを放つと、1点を勝ち越した8回にはダメ押しの2ランを見舞った。

「自分のスイングが出来てきたので、本当に良かったと思います」と振り返り、2本のアーチについて「1番打者として最高の結果でスタートできたので、チームも勢いに乗れたと思う。(8回は)スライダー一本に絞ってフルスイングしたので。最高の結果で本当に良かったです」と安どの息が漏れた。

 今大会は苦しんできたが、復調気配。お立ち台に立つと「まだ明日もありますし、今日だけじゃなくて、明日も、アメリカでも、暴れられるように頑張っていきます」と決勝Rの米国行き宣言が飛び出した。

「世界一を目指してるので。世界一を目指していますけど、目の前の相手をまずは倒しにいきます」

 頼もしい男が、侍ジャパンを牽引していく。

フルカウント

「ダメ押し」をもっと詳しく

「ダメ押し」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ