オリ新助っ人アルバース、開幕2カード目で対戦のロッテ相手に好投「自信になる」

3月14日(水)19時55分 フルカウント

5回6安打無失点で6K、ロッテ井口監督は「次回は行ける」

 オリックスの新外国人投手アルバースが、14日のZOZOマリンでのロッテ戦でさすがの制球力を見せた。先発してロッテ打線に6安打を許したが、ツーシームを中心にカーブ、スライダーを低めに集め、5回70球で三振6個を奪い無失点に抑えた。

 初回2死二塁では4番の井上を高めのつり球で空振り三振。2回2死一、三塁のピンチにもフルカウントから根元にファールで粘られたが、チェンジアップで空振り三振を奪った。

 開幕2カード目がロッテ戦で、先発の可能性がある。ロッテ井口監督は「テンポのいいピッチャーだが、まっすぐ中心なので、次回は行けると思います」と話したが、アルバース本人はは「(ロッテ打線を)打ち取れたことは、少しは自信になる。コントロールの良さが強み。それを生かしていい結果になった」と話す。WBCのカナダ代表で、メジャー通算7勝6敗だが、そのうち5勝は昨年マリナーズで挙げた。「マウンドは少しソフトで穴が掘れ、苦労したが、うまくアジャストした」とZOZOマリンでの相性の良さも強調していた。(細野能功 / Yoshinori Hosono)

フルカウント

「ロッテ」をもっと詳しく

「ロッテ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ