【MLB】イチロー、OP戦2戦目は走塁で見せ場 一問一答「足を使わず進む感覚ほしい」

3月14日(水)7時20分 フルカウント

無安打も四球と好走塁で“初得点“、守備では「全然飛んでこない…」

 マリナーズのイチロー外野手は12日(日本時間13日)、米アリゾナ州ピオリアでのホワイトソックス戦でオープン戦2試合連続出場。「2番・左翼」で2打数無安打1四球1得点という結果だった。オープン戦初出場の前日に続いてヒットは出なかったものの、4回には粘った末に四球を選び、後続の三塁打で一塁から一気に生還。衰えぬ走力を見せた。

 まだ出場2試合目。6年ぶりにマリナーズに復帰し、ファンの大歓迎が予想される29日(同30日)の開幕戦インディアンス戦(セーフコ・フィールド)に向けて、状態を上げている段階だ。渡米してからも1週間しか経っていないだけに、軽快な走塁についても「ちょっとまだ重い」と振り返ったイチロー。試合感覚を取り戻しながら、凱旋の舞台へと合わせていくことになる。

 以下は試合後の一問一答。

——(守備では)打球がなかなか飛んでこなかった。

「なかなかというより全然飛んでこないですね(苦笑)」

——4回の走塁。少し前まで神戸にいたとは思えない走りでした。

「そうね、今日で1週間? 月曜日。そうだ、シアトルに来たのがそうだったね。ホントですね」

——オープン戦でいろいろ試したい中、走塁の試運転が早くできてよかったのでは?

「ま、でも、足が1番(仕上がりが)遅いですからね。ああいうのが助かる。1番できるのが遅いですから。ベースランニングやっても、ゲームとは全然違うのでね」

昨年は負傷のアクシデント、今年は「抑える理由はない」

——それでもスピードに乗れて、塁を回っているように見えましたが。

「どうですかね、ちょっとまだ重い感じがしてますね」

——足の仕上がりが1番かかるというのは、具体的にどこで感じるのですか?

「いや、あの、推進力がなかなか出てくれないというか、足を使おうとしてしまうんですよね。足を使わないで前に進む感覚がほしい。それが出るまでちょっと時間がかかる」

——去年のキャンプは序盤のアクシデント(外野守備中に同僚と衝突して負傷)もあって、なかなか走れなかった。今年は違いますか?

「抑える理由はないですからね」

——去年とはまったく違う?

「もちろんです、もちろん」

——キャンプ中のナイターが暗いのは仕方ないことですが…。

「暗いです、暗い。外野手大変ですよ、フライは。内野もそうだけど、フライは大変」

ー打つことは?

「プレートはあの周りだけは明るいかもしれない。明るいとは言わないけど、比べればね」

——これからもナイターが多い。打つ調整には影響は少ないですか?

「ま、それでもシーズンの明るさとは全然違うからね。できれば明るい方がいいけど」(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

フルカウント

「イチロー」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「イチロー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ