北海道新幹線開業に合わせJR東グループ会社から、道産原料つかった「ゆめぴりか茶」と「贅沢バニラミルク」

3月14日(月)10時30分 J-CASTニュース

ゆめぴりか茶

写真を拡大

JR東日本の駅ホームなどにある「エキナカ飲料自販機acure <アキュア>」を展開するJR東日本ウォータービジネスは、2016年3月26日に開業する北海道新幹線にあわせ、独自の「acure made <アキュアメイド> ブランド」として、北海道産の原材料を使用した「ゆめぴりか茶」と「贅沢バニラミルク」を発売する。

ゆめぴりか茶は、北海道産のブランド米「ゆめぴりか」を100%使用したお茶。焙煎米の香ばしさが食事にもぴったりだという。女性やお子様にも飲みやすいノンカフェイン飲料。


500mlボトル、150円(税込)



贅沢バニラミルクは北海道産生乳を60%使用したプチ贅沢なおやつ飲料。濃厚なバニラ風味の甘みの中にもすっきりとした後味が特徴。缶入り製品で、缶には旅先でみるとつい欲しくなるソフトクリームをデザインした。190g入り、140円(同)。

J-CASTニュース

北海道をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ