レアルが左SB補強へ…U−23ブラジル代表DFウェンデルに興味

3月14日(月)17時0分 サッカーキング

酒井宏樹と競り合うウェンデル(手前、写真は第19節) [写真]=Bongarts/Getty Images

写真を拡大

 レアル・マドリードが、レヴァークーゼン所属のU−23ブラジル代表DFウェンデルの獲得に興味を持っている。スペイン紙『アス』が13日に報じた。

 同紙によると、移籍金3500万ユーロ(約44億4000万円)と見込まれているウェンデルについて、左サイドバックの強化を目指すレアル・マドリードが興味を示している。ただ、同選手はEU圏内の国籍を保有しておらず、外国籍選手枠が障害になると報じられている。レアル・マドリードにはすでに、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス、ブラジル代表DFダニーロ、同MFカゼミーロの3名が所属している。

 ウェンデルは1993年生まれの22歳。2014年からレヴァークーゼンに所属し、今シーズンはブンデスリーガ第26節終了時点で23試合に出場している。ブラジルの年代別代表にも名を連ね、U−23代表の一員として、リオデジャネイロ・オリンピック本大会出場を目指している。

サッカーキング

「レアル」をもっと詳しく

「レアル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ