D・コスタは噛みついていなかった…口論の相手バリーが疑惑を否定

3月14日(月)17時33分 サッカーキング

“噛みつき疑惑”が報じられていたジエゴ・コスタ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 12日に行われたエヴァートンとのFAカップ6回戦で、チェルシー移籍後初となる退場処分を受けたFWジエゴ・コスタ。

 2枚目のイエローカードを提示された場面では、相手MFギャレス・バリーの首筋に噛みついていたようにも見えたが、バリーは噛まれていないと証言したようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』など複数メディアが報じている。

 バリーは以下のように表明したという。

「昨夜の試合での僕とジエゴ・コスタの事件についての多くの話を見たよ。はっきり言っておくと、ジエゴは僕のことを噛んでない」

 また、この件について、チェルシーのスポークスマンはこう述べたそうだ。

「試合後、ジエゴはクラブオフィシャルと話し合った。レッドカードへとつながったギャレス・バリーのタックルに対するリアクションについて後悔を表していたよ。だが、口論の最中に噛みついてはいないこともはっきりさせていた」

 なお、イングランドサッカー協会(FA)はさらなるアクションが必要になるか否かを決定するため、マイケル・オリヴァー主審のレポートを待っているようだ。

(記事提供:Qoly)

サッカーキング

「チェルシー」をもっと詳しく

「チェルシー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ