レアルで200試合出場のモドリッチ「さらに200試合このクラブで」

3月14日(火)15時22分 サッカーキング

200試合出場を達成したモドリッチ [写真]=Sonia Canada/Getty Images

写真を拡大

 リーガ・エスパニョーラ第27節が12日に行われ、レアル・マドリードはベティスをホームに迎えた。この一戦でレアル・マドリードに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、クラブでの200試合出場を達成した。

 25分にコスタリカ代表GKケイロル・ナバスのミスで先制を許したレアル・マドリードだが、41分にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが同点ゴールをマーク。81分にはスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが逆転弾を決め、ベティスを2ー1で振り切った。宿敵バルセロナから首位の座を奪還し、モドリッチの節目となる試合を白星で飾った。

 モドリッチがトッテナムからレアル・マドリードへの移籍を果たしたのは、2012年の夏。これまで140勝に貢献し、11ゴールを挙げている。攻守にフル稼働し、主力としてチームを支えるモドリッチは、自身の偉大な記録に手ごたえを示し、さらなる活躍を誓った。

「200試合という数字は大きな意味を持つ。この偉大なクラブの一部になれることに幸せと誇りを感じている。さらに200試合プレーし、多くのタイトルを勝ち取ってサポーターに喜びをもたらしたい」

 試合後にフロレンティーノ・ペレス会長から記念ユニフォームを受け取ったモドリッチは「このチームで、選手としても人間としても大きく成長したと思う。素晴らしい選手と監督に囲まれながら毎日過ごすことが、ピッチでのプレーをはじめ、多くの面で自分を成熟させてくれている。今後も全力を捧げていきたい」と、クラブへの強い思いと感謝を口にした。

 

サッカーキング

「レアル」をもっと詳しく

「レアル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ