英紙、オーバーヘッド炸裂の岡崎を高評価「彼は縁の下の力持ち」

3月15日(火)8時24分 フットボールチャンネル

 現地時間14日にプレミアリーグ第30節が行われ、レスター・シティは日本代表FW岡崎慎司の決勝ゴールによりニューカッスルに1-0の勝利をおさめている。英紙『デイリー・ミラー』は岡崎の活躍ぶりを評価した。

 同紙は岡崎に対して「8」の評価を与えている。(評価は全部で10段階)タイトルを「岡崎は縁の下の力持ちである」と付け、寸評では「彼の仕事量と熱意は止まるところを知らない。それは信じられないほどだ。マフレズ、ヴァーディー、さらにはオルブライトンの話をする中で、大きな部分を占めるのは岡崎である。

彼は技術やクラスで欠けている部分を、自分の欲望で満たしている。しかし、彼の先制点は天才的なタッチと壮大なオーバーヘッドキックから生まれたものだった」とコメントし高評価した。

 また、英紙『デイリー・メール』は岡崎に「7,5」の評価を与えている。得点以外の部分でもチームに貢献しており、岡崎はジェイミー・ヴァーディーと共に中心的な選手となっている。

フットボールチャンネル

「プレミアリーグ」をもっと詳しく

「プレミアリーグ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ