ロッテ井口監督、2回2失点の藤岡貴に厳しい言葉「失敗を許されない立場」

3月15日(木)7時30分 フルカウント

牽制悪送球で墓穴を掘り失点「ローテで回るのは厳しい」

 ロッテの井口監督は、14日のZOZOマリンでのオリックス戦で2回2失点だった藤岡貴に厳しい言葉を投げかけた。

 昨年から先発転向を首脳陣に直訴。今季もその思いでキャンプから取り組んでいるが、6回2死から安達、鈴木昂に連続四死球と制球を乱し、3-2と逆転して迎えた7回は二塁への牽制悪送球で墓穴を掘って2点を失った。指揮官は「まだまだ本来のストレートはきていない。ローテで回るのは難しい。失敗を許されない立場ですから」と7年目の左腕には辛口だった。

 テスト入団の大隣が先発枠に入ってきそうな気配だが、左腕不足は否めない。9回に有吉が3人で軽くかたずけ、今季も働いてくれそうだが、8回に決勝点を奪われた昨年2勝の関谷もピリッとしない。

 打線は先頭の荻野貴が3安打2打点で8試合連続安打。打率も.423と「大事なところでしっかり打っている」(井口監督)と順調だが、ブルペンのやりくりは今年も大変そうだ。(細野能功 / Yoshinori Hosono)

フルカウント

「ロッテ」をもっと詳しく

「ロッテ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ