本田所属のミランMFクツカ、左太もも負傷で離脱…全治2週間の見込みか

3月15日(火)12時14分 サッカーキング

ミランでプレーするMFクツカ(左)(写真は2月のトリノ戦) [写真]=Getty Images

写真を拡大

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランは14日、スロヴァキア代表MFユライ・クツカが、左足大腿部の屈筋を損傷したと発表した。

 クツカは、13日のセリエA第29節のキエーヴォ戦で先発メンバーに名を連ねていたが、ウォーミングアップ中に左足太ももを痛めて欠場。14日の診断で、筋肉を損傷していることが確認された。

 離脱期間は現時点で明らかになっていないが、イタリアメディア『Sky』は2週間の離脱となると予想している。

 このため同選手は次節のラツィオ戦を欠場。復帰は代表戦によるリーグ中断明けの4月3日に行われるセリエA第31節アタランタ戦となるものと見られる。

 昨夏にジェノアから加入したクツカは、シニシャ・ミハイロヴィッチ監督からの信頼を得ているものの、今シーズンはこれで3度目の離脱。リーグ戦の出場は22試合で1ゴールとなっている。

サッカーキング

負傷をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ