ミランのバッカ、1試合出場停止に…ユーヴェ戦後、主審に執拗な抗議

3月15日(水)20時18分 サッカーキング

1試合の出場停止処分を科されたミランのバッカ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 イタリア・サッカー連盟のスポーツ判事は14日、日本代表FW本田圭佑が所属するミランのコロンビア代表FWカルロス・バッカに対し、1試合の出場停止処分を科した。

 10日に行われたセリエA第28節のユヴェントス戦で、バッカは先発メンバーに名を連ねた。同選手は43分に同点ゴールを決め、55分に途中交代。ミランは敵地で1−1とタイスコアで試合を進めていたが、終了間際にPKを与え、決勝ゴールを奪われて1−2と敗れた。

 バッカはすでにベンチに下がっていたが、ユヴェントスに与えられたPKの判定をめぐって、試合後に主審に対して執拗な抗議を行っていた。

 当初は、数試合の出場停止を科される可能性が指摘されていたが、1試合の出場停止処分と罰金1万ユーロ(120万円)にとどまった。同処分により、バッカは18日に行われるセリエA第29節のジェノア戦を欠場することとなった。

サッカーキング

抗議をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ