G大阪の長谷川監督、ホームでのACL第3戦へ「全てを懸けて戦う」

3月15日(水)18時29分 サッカーキング

江蘇蘇寧戦を前に抱負を語ったG大阪の長谷川健太監督 [写真]=Getty Images for DAZN

写真を拡大

 ガンバ大阪は15日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017グループステージ(GS)第3節で江蘇蘇寧(中国)と対戦する。同試合を前に、日本サッカー協会(JFA)の公式HPがG大阪を率いる長谷川健太監督の前日会見におけるコメントを掲載した。

 2月21日のGS初戦ではアデレード・ユナイテッドを破ったものの、3月1日のGS第2節では済州ユナイテッドに1−4と敗れたG大阪。ホームで大敗を喫したが、明治安田生命J1リーグでは2連勝中と復調している。

 今節の相手は、2連勝でグループHの首位に立つ江蘇蘇寧。ホームゲームを前に長谷川監督は「予選(GS)突破に向けて非常に重要な試合になるので、全てを懸けて戦っていきたいと思います」と抱負を述べ「(江蘇蘇寧は)タフに戦えるチームという印象。個というところを見ても、非常に力のある選手がいるので、このグループの一番の強豪だと思っています」と、警戒を口にした。

 G大阪と江蘇蘇寧の一戦は、15日19時に市立吹田サッカースタジアムにてキックオフ予定となっている。

サッカーキング

G大阪をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ