日本代表、6月にシリア代表と激突…最終予選のイラク戦直前に開催

3月15日(水)17時56分 サッカーキング

日本代表が6月にシリア代表と対戦することが明らかとなった [写真]=Getty Images

写真を拡大

 日本サッカー協会(JFA)は15日、6月7日に開催されるキリンチャレンジカップ2017の対戦国がシリア代表に決定したことを発表した。

 東京スタジアム(味の素スタジアム)で開催される今年のキリンチャレンジカップ。対戦国についてはこれまで未定となっていたが、FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選で日本と別組を戦うシリア代表に決定した。試合の詳細は明らかとなっていないが、ナイトゲームになることが公表されている。

 アジア最終予選の5試合を終え、日本はグループBで首位サウジアラビアに次ぐ2位につけている。「キリンチャレンジカップ2017」の6日後、6月13日にはアジア最終予選第8戦のイラク代表戦(アウェー)に臨むため、ラストスパートに向けて重要な一戦になることが予想される。

 なおシリア代表は現在、グループAで勝ち点「5」を獲得し、イラン、韓国、ウズベキスタンに次ぐ4位に位置している。昨年には2次予選で日本代表と対戦しているが、その時はMF香川真司らのゴールで日本が5−0と大勝していた。

サッカーキング

「イラク」をもっと詳しく

「イラク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ