トッテナムFWケイン、右足首じん帯損傷と診断…昨年も同箇所を負傷

3月15日(水)12時52分 サッカーキング

ミルウォール戦に先発するも、開始10分で負傷交代となったケイン [写真]=Getty Images

写真を拡大

 トッテナムは14日、イングランド代表FWハリー・ケインの負傷に関する新たな情報を公式HP上で公開した。

 ケインは12日に行われたFAカップ準々決勝のミルウォール戦に先発出場したものの、右足首を捻って開始早々にピッチ外で治療を受ける事態となった。最終的に10分、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンと交代し病院へ向かっている。

 同クラブが発表した内容によれば、ケインは右足首のじん帯を損傷しているとのこと。同選手は昨年9月にも同箇所を負傷しているが、ケガの程度は当時より軽いものだという。今後はメディカルスタッフの監視のもと、リハビリに励むことになる。

 ケインは今シーズン、プレミアリーグで19ゴールを挙げる活躍を見せており、エヴァートンのベルギー代表FWロメル・ルカクと並んで得点ランキングトップに立っている。し烈な2位争いを繰り広げるトッテナムにとって、絶対的エースの離脱は大きな痛手となるだろう。

サッカーキング

「トッテナム」をもっと詳しく

「トッテナム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ