FIFA、初めて賄賂の存在を認める。1998年、2010年W杯の招致活動で

3月16日(水)20時51分 フットボールチャンネル

 国際サッカー連盟がついに賄賂の存在を認めたようだ。16日、『AP通信』が報じている。

 賄賂の存在を認めたのは1998年と2010年ワールドカップの招致活動について。昨年6月アメリカ政府より数千万ドルを押収されたが、その返還を求める書簡内にて賄賂の存在を認めたとのこと。

 FIFAはこれまで一連の汚職事件を受けて、ゼップ・ブラッター前会長とミシェル・プラティニUEFA会長に6年間の活動禁止処分を下している。FIFAは2月27日に会長選にてジャンニ・インファンティーノ新会長を選出していた。

 2010年南アフリカ大会、1998年フランス大会の他にも、2006年ドイツ大会、2002年日韓大会も賄賂の可能性が疑われている。果たして、FIFAの汚職事件は収束に向かうことはできるのだろうか。

フットボールチャンネル

賄賂をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ