レアルMF、出場機会減少なら今夏移籍? 候補の一つにアーセナル

3月16日(水)10時51分 フットボールチャンネル

 レアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロースが、今夏の移籍を示唆しているようだ。15日に英紙『メトロ』が報じている。

 同紙によると、クロースに対してはイングランドの複数のクラブが関心を示しており、その一つとしてアーセナルがクロースに接触しているとのこと。

 今季は公式戦32試合に出場し1得点を決めているが、今夏の移籍市場でマドリーは新たな選手の獲得を検討している。そのため、クロースは出場機会が減少する可能性があるため移籍を示唆しているようだ。

 マドリーとは2020年まで契約が残っているが、クラブが求める選手の獲得に成功すればクロースは放出候補になるかもしれない。果たして、クロースは今季限りでチームを去ることになるのだろうか。

フットボールチャンネル

「移籍」をもっと詳しく

「移籍」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ