日ハム大谷、17日SB戦で開幕前最終調整へ「いい感じで開幕へ入れれば」

3月16日(水)20時23分 フルカウント

17日のソフトバンク戦に先発「勝てる投球をしていきたい」

 日本ハムの大谷翔平投手が17日のソフトバンクとのオープン戦(鎌ヶ谷)に先発する。

 ここまで実戦は3試合に先発し、計10回4安打無失点。9日のDeNA戦(鎌ヶ谷)では3回2死満塁としたところで降雨ノーゲームとなったが、2回2/3で2安打無失点だった。

 16日は千葉・鎌ヶ谷スタジアムのブルペンで約25球を投げ調整。25日のロッテとの開幕戦(QVCマリン)前の最後の調整登板への意気込み、天敵・ソフトバンクへの思いを語った。

——開幕前の最後の調整マウンドとなる。

「いい感じで開幕へ入れればと思います。試したいことを試しながら、なおかつ勝てる投球をしていきたいです」

——相手は日本一連覇中のソフトバンク。昨季は4試合登板で1勝2敗、防御率6・58だった。

「オープン戦ですし、そこは意識することはないです。同じパ・リーグですが、相手によって変えることはないかなと。どちらかと言ったら、自分のやりたいことが優先になると思います」

今回のテーマは…

——前回は降雨ノーゲームとなった。

「特に前回を踏まえることはないと思います。やることは変わらないです」

——前回登板では悪天候で課題に挙げていたインコース攻めが出来なかった。今回のテーマも同じか。

「(内角攻めは)やりながらになると思います。それよりも優先させるべきことがあることと思います」

——ここまでの投球数は2日の巨人戦(札幌D)の68球が最多だ。

「(球数は)僕が判断することではないです。(首脳陣に)管理されてますし。僕はしっかり投球内容をいいものに出来ればと思います」

フルカウント

「日ハム」をもっと詳しく

「日ハム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ