マンU、ローマMFフロレンツィに関心か…移籍金は推定35億円

3月16日(水)18時10分 サッカーキング

ウディネーゼ戦で得点を挙げたMFフロレンツィ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 マンチェスター・Uが、ローマのイタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィの獲得に関心を強めている。15日、イタリアメディア『transfermarketweb.com』が報じた。

 昨シーズンのチャンピオンズリーグ・グループステージのバルセロナ戦で、ハーフライン付近から超ロングシュートをねじ込み、年間ベストゴールの『FIFAプスカシュ賞』にノミネートされたフロレンツィ。13日に行われたウディネーゼ戦でもペナルティエリア内で相手選手を浮き球のキックフェイントで交わし、右アウトサイドでゴールに流し込む技ありのシュートを決めた。

 同メディアによると、マンチェスター・Uがフロレンツィに触手。2019年6月30日までの契約を結んでおり、推定2800万ユーロ(約35億円)の評価額を持つフロレンツィへのオファーに対し、ローマはオファーをはねつけるものと見られるが、マンチェスター・Uからのオファーを拒否することは容易ではないようだ。

 現在25歳のフロレンツィはローマの下部組織出身で、2011年にトップチームデビュー。2011−12シーズンはクロトーネに期限付き移籍していたが、翌シーズンからローマに復帰した。今シーズンはセリエAで25試合に出場し、自己最多タイとなる6ゴールをマークしている。

サッカーキング

「ローマ」をもっと詳しく

「ローマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ