PK戦制してCLベスト8へ…アトレティコを支える下部組織出身選手

3月16日(水)17時43分 サッカーキング

アトレティコ下部組織出身のガビ、フェルナンド・トーレス、コケ(左から) [写真]=VI-Images via Getty Images

写真を拡大

 15日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグで、アトレティコ・マドリードとPSVが対戦。2試合合計0−0で延長戦を終えても決着がつかず、PK戦の末にアトレティコ・マドリードが8−7で勝利、準々決勝進出を決めた。

 同試合、アトレティコ・マドリードは5人のカンテラ(下部組織)出身の選手がピッチに立った。そしてPK戦では最初の5人のキッカーのうち、4人がカンテラ出身者だった。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 アトレティコ・マドリードはPSVとの激闘の末、3大会連続でのチャンピオンズリーグベスト8進出を決めた。ホームでのセカンドレグでカギを握っていたのがカンテラ出身の選手たちで、試合終了時には11人中5人を占めていた。スペイン人MFガビ、スペイン代表MFコケ、U−21スペイン代表MFサウール・ニゲスが先発出場し、途中出場でスペイン代表FWフェルナンド・トーレス、U−19フランス代表DFリュカ・エルナンデスがピッチに立った。ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンに代わって投入されたL・エルナンデスはミスもなく、ゴールを脅かすヘディングシュートで決定機を作った。

 またPK戦では、ガビとコケ、サウール、トーレスの4人のカンテラ出身者がアシスタンコーチのヘルマン・ブルゴス氏からキッカーに選出され、全員が成功した。

 ベスト8進出を果たしたアトレティコ・マドリードは、カンテラ出身の選手たちによって支えられていた。

サッカーキング

PK戦をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ