リベリーが仏代表復帰の可能性を示唆「まずデシャン監督と話し合い」

3月16日(水)21時38分 サッカーキング

フランス代表復帰を示唆したバイエルンMFリベリー [写真]=Getty Images for FC Bayern

写真を拡大

 バイエルンに所属するMFフランク・リベリーが、現在話題となっているフランス代表復帰について言及した。ドイツ誌『kicker』日本語版が伝えた。

 2014年8月に代表引退を同誌に明かしたリベリーだが、母国で開催されるユーロ2016を前に代表復帰の噂が浮上している。

 現在32歳の同選手は「(ディディエ)デシャン監督がベストメンバーで臨みたい、と語ったことは目にした」とコメント。ただし、今シーズンは負傷に泣かされ、ようやく復帰を果たしたばかりということもあり、「今は僕はバイエルンのためにプレーしているし、自分を100パーセントのレベルにまで持っていこうとしているところだよ」と語った。

 それでもリベリーは「代表復帰については、まずはデシャン監督との話し合いが行われてからの話だ。それが前提条件となるよ」と復帰に含みを持たせており、「僕が復帰したいと誰かが記事にするなら、それは間違った情報だ。まずそのためには話し合いが行われること。それは向こうもわかっていることだと思うよ」との考えを述べている。

サッカーキング

バイエルンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ