高萩洋次郎、13年7月以来の代表選出…「勝利だけを考えて戦う」

3月16日(木)18時58分 サッカーキング

2013年7月以来の代表招集となったFC東京の高萩洋次郎 [写真]=Getty Images for DAZN

写真を拡大

 日本サッカー協会(JFA)は16日、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の2試合に臨む日本代表メンバー25名を発表。FC東京からは、GK林彰洋とDF森重真人、MF高萩洋次郎が選出された。

 代表招集を受け、高萩が抱負を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 2013年7月の東アジアカップ以来の代表招集となった高萩は「今回、日本代表に選出していただき非常に嬉しく思います。久しぶりの代表チームですが、とにかく勝利のことだけを考えて戦います」と抱負を語り、以下のように続けた。

「日本がワールドカップ出場に近づけるように、全力で取り組みたいと思います」

 日本代表はアジア最終予選5試合を終えて3勝1分け1敗、勝ち点「10」で2位となっている。3月23日にUAE(アラブ首長国連邦)代表と敵地で戦った後、3月28日には、ホーム・埼玉スタジアムでタイ代表と対戦。グループBには両国のほか、サウジアラビア、オーストラリア、イラクが同居。グループ上位2カ国に入れば本大会への出場権獲得となる。

サッカーキング

代表選をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ