マンC指揮官ペップ、自身初のCLベスト16敗退…過去7大会は全て4強以上

3月16日(木)11時34分 サッカーキング

CLベスト16で敗退したマンチェスター・Cのグアルディオラ監督 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 マンチェスター・C(イングランド)は15日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグでモナコ(フランス)と対戦。ホームでのファーストレグでは5−3と先勝したが、敵地でのセカンドレグで1−3と敗れ、アウェイゴール差での敗退が決まった。

 スペイン紙『アス』によると、マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督がCLベスト16で敗退するのは初めてのこと。過去に7度もCL出場チームを指揮してきたが、全て準決勝進出を果たしてきた。

 グアルディオラ監督は2008−09シーズンにバルセロナの指揮官に就任。4年間チームを指揮し、1年目と3年目の2度CL制覇を果たした。残りの2シーズンでもベスト4にチームを導き、13−14シーズンから率いたバイエルンでも3大会連続でベスト4に進出していた。

 また、同紙は今回のCL決勝トーナメント1回戦で起きた初めての記録を紹介。ファーストレグで5得点を挙げたチームが敗退したのはマンチェスター・Cが初めてだという。

サッカーキング

マンCをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ