C・ロナ、ビルバオ本拠地で“4度目の正直”なるか…過去3試合でノーゴール

3月16日(木)12時57分 サッカーキング

過去、スペイン国内32のスタジアムでゴールを挙げてきたC・ロナウド [写真]=Real Madrid via Getty Images

写真を拡大

 レアル・マドリードは18日、リーガ・エスパニョーラ第28節でアスレティック・ビルバオと対戦。同試合が行われるアスレティック・ビルバオの本拠地サン・マメスで、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは過去3試合でノーゴールに終わっているようだ。15日付のスペイン紙『アス』が報じている。

 同紙によると、C・ロナウドは2009年夏にレアル・マドリードに加入して以降、スペインで37の異なるスタジアムでプレー。そのうち32のスタジアムで得点を挙げてきたが、アスレティック・ビルバオの本拠地サン・マメスではまだゴールを決めたことがないようだ。

 現在のサン・マメス・スタジアムは2013−14シーズンから使用。その前にアスレティック・ビルバオの本拠地として使用されていた旧サン・マメスは、1913年に開場したスペイン最古のスタジアムとして親しまれていた。なお、旧サン・マメスでは2013年4月にC・ロナウドは得点を決めたという。

 C・ロナウドは新サン・マメスで過去3度試合に出場。初めての出場となった2014年2月の試合では退場処分を受け、チームも引き分けに終わった。また、2度目の対戦もノーゴールでドロー、3度目はチームが勝利を収めたがC・ロナウドにゴールはなかった。

サッカーキング

レアル・マドリードをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ