ダンカン 賭博の巨人には戦う資格ないのでセ・最下位認定

3月16日(水)16時0分 NEWSポストセブン

 シーズン開幕直前に巨人・高木京介による野球賭博問題が再燃した。不穏な空気をまといつつも、ペナントレース開幕はもうすぐ。タイガースが好きなあまり、初めて生まれた子どもに「甲子園」と命名した逸話を持つお笑いタレントのダンカンさんに、2016年プロ野球の順位予想を聞いた。


●セ・リーグ予想

(1)阪神、(2)ヤクルト、(3)横浜、(4)中日、(5)広島、(6)巨人


●パ・リーグ予想

(1)オリックス、(2)ソフトバンク、(3)ロッテ、(4)日本ハム、(5)西武、(6)楽天


 巨人は戦えないでしょう。マイコラスが故障して、内海(哲也)は故障に怯えて普通の投手になった。それに野球賭博問題。そもそもペナントを戦う資格がない。社会的にも最下位です。


 一方の阪神は(藤川)球児が加入したことで5人目、6人目の先発に困らないのが大きい。また中日から中継ぎの高橋(聡文)を獲ったことで、右でも左でも対応できるようになった。


 注目は横浜。昨年の活躍を見てももっと上があるかもしれない。打者も円熟味を見せており今年は面白い。


 パはオリックスですね。普通に考えるとソフトバンクですが、金持ち球団に腹が立つから、オリックスに頑張ってもらいたいんですよ。


※週刊ポスト2016年3月25日・4月1日号

NEWSポストセブン

巨人をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ