香川同僚に“フラれた”レアル、今度はアーセナルの絶対的エースを狙う

3月17日(木)11時21分 フットボールチャンネル

 日本代表MF香川真司の同僚ピエール=エメリク・オーバメヤンに“フラれた”レアル・マドリーだが、今度はアーセナルの絶対的エース獲得に乗り出したようだ。16日、スペイン紙『アス』が報じている。

 先日オーバメヤン獲得で個人合意がなされたと噂されたマドリーだが、その後同選手が否定。ボルシア・ドルトムント残留の希望を明言した。オーバメヤンに“フラれた”た形となったマドリーは、ターゲットをアーセナルのアレクシス・サンチェスに変更したようだ。

 サンチェスは2014年にバルセロナからアーセナルに加入。以降、同クラブの絶対的エースとして君臨している。今季は負傷で一時離脱を強いられたものの、ここまで公式戦11ゴール9アシストを記録している。

 同選手の市場価値は4250万ユーロ(約54億円)とみられているが、マドリーは獲得を実現することはできるのだろうか。

フットボールチャンネル

「アーセナル」をもっと詳しく

「アーセナル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ