【米国はこう見ている】今季「最も興味深いチーム」にマーリンズ イチローは「最もスタイリッシュ」

3月17日(木)17時22分 フルカウント

マッティングリー監督やボンズ打撃コーチも招聘、マーリンズは「最も興味深いチーム」

 イチロー外野手の所属するマーリンズは今季、元ヤンキースのスーパースターであるドン・マッティングリー新監督、伝説のホームラン王のバリー・ボンズ打撃コーチというビッグネームを招聘した。ダグアウトが一気に豪華となったチームについて、MLB公式サイトは「マーリンズは球界で最も興味深いチーム」と特集。メジャー最年長野手であるイチローはそこで「当代の最もスタイリッシュなプレイヤー」と紹介されている。

 フロリダ州ジュピターでスプリングキャンプを行っているマーリンズの開幕前の下馬評は上々の様子だ。昨季71勝91敗に終わったが、特集では「マーリンズは2016年に最も興味深いチームだ。誰もどうなるか予測できない。優勝候補になるのか、7季連続で負け越すのか。だが、陽気な戦いになることは間違いない」と分析している。

 若きエース右腕ホセ・フェルナンセス投手、スラッガーのジャンカルロ・スタントン外野手という投打の要に加え、今季はオリオールズからフリーエージェントとなっていた元中日のチェン・ウェイン投手を獲得して先発ローテーションを強化した。一方、昨季首位打者と盗塁王に輝いたディー・ゴードン内野手を筆頭に、マルセル・オズナ、クリスチャン・イエリッチ両外野手ら有望な若手野手も健在だ。

「イチローはクーパーズタウンに歩みを進めている」

 特集では、メジャー16年目の戦いを迎えるレジェンドも興味深いチームの一員として紹介されている。

「そして、イチロー・スズキがいる。デレク・ジーターとエイドリアン・ベルトレを除くことになるかもしれないが、彼は当代で最もスタイリッシュな選手だ。4番目の外野手としての役割になるが、イチローはニューヨーク州のクーパーズタウンに歩みを進めており、3000本安打まで65本となっている。

 マリナーズに2001年に加わるまで日本でプレーしていたイチローはキャリア通算4213安打を放っている。ヒットの王様ピート・ローズの歴代最多記録まで43本に迫っている」

 42歳を過ぎても全盛期と体型が変わらず、抜群のスピード、肩の強さを誇る安打製造機は昨季チームで最多出場を果たした鉄人でもある。クーパーズタウンにある米国野球殿堂入りも確実と言われるイチローは、メジャーで際立つスタイリッシュな選手と注目を集めている。

 有望な若手、豪華なダグアウトとブレークの予感漂うマーリンズで今季、日本の誇るレジェンドがどんなスタイリッシュなプレーを見せてくれるのか。アメリカのメジャーファンは金字塔への大きな期待とともにイチローの一挙一動を見守ることになりそうだ。

フルカウント

チームをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ