ベナティア、モロッコ代表招集辞退「ユーヴェでレギュラーではない」

3月17日(金)12時36分 サッカーキング

モロッコ代表招集辞退の意向を表明したユヴェントスのベナティア [写真]=Getty Images

写真を拡大

 ユヴェントスに所属するモロッコ代表DFメディ・ベナティアが、次回の同国代表招集を辞退することを表明した。イタリア紙『トゥットスポルト』が15日に報じている。

 ベナティアは自身のフェイスブックを更新し、「とても難しい決断だった。自分が母国に愛着を抱いていることは、誰もが知っている。よく考えてこの決断に至ったんだ。私は次のモロッコ代表の招集を辞退するよ」と、代表招集辞退を表明。理由について、以下のように綴った。

「ユヴェントスにおける私の状況が変わるまでは代表招集に応じない。自分はこのチームでレギュラーではない。そのことが代表での競争にも影響を与えている。代表チームで、自分よりも準備ができているチームメイトに代わってプレーするのは正しくないと思う」

「自分はキャプテンではあるが、そのような基準に自分を置くことはできない。私がユヴェントスでレギュラーになり、そしてモロッコ代表がまだ自分を必要としてくれるなら、その時は(代表に)参加するよ」

 所属するユヴェントスでレギュラーに定着するまでは、モロッコ代表の招集に応じない意向を明かしたベナティア。クラブで定位置を獲得し、代表の舞台に返り咲くことはできるだろうか。

サッカーキング

「モロッコ」をもっと詳しく

「モロッコ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ