【C大阪vs鳥栖プレビュー】C大阪はヨニッチが2戦連続ゴール中…鳥栖はコロンビア代表FWのデビューも

3月17日(金)20時25分 サッカーキング

■セレッソ大阪 守備は少しずつ精度を高めている

 リーグ戦では、昇格組対決となった札幌とのアウェイ戦で1−1と引き分けたC大阪。勝利はまたもお預けとなったが、けがが癒えた清武弘嗣が復帰加入後初先発。ゴールこそならなかったものの、決定機に絡むなど、今後に期待感を抱かせるものとなっている。また、DFのマテイ・ヨニッチがリーグ戦で2試合連続ゴールを記録。守備だけでなく、セットプレーでの攻撃の迫力も備える背番号22の存在も頼もしい。

 さらに、ミッドウィークに行われたルヴァン杯では、リーグ戦からメンバーを総入れ替えした中でも、横浜Mに2−0と勝利。尹晶煥監督体制での今季初白星を得ることができた。舩木翔、庄司朋乃也ら若手をはじめ、新たに出番を得た選手たちの躍動はチームを活気づけている。そういった刺激を受けた主力組のトレーニングも熱を帯び、鳥栖戦でのリーグ戦初白星に向けて、気合い十分。なおかつ、尹監督にとっては古巣対決ということもあり、指揮官をはじめ、チームはこの一戦での勝利に向けて闘志を燃やしている。
 
 鳥栖には最近の公式戦で3連敗を喫し、特に豊田陽平には公式戦5試合で4得点を奪われているだけに、相手のエースをいかに抑えるかは勝負のポイント。尹監督のもとで構築中の守備は少しずつ精度を高めているだけに、その成果を発揮して、ホームのキンチョウスタジアムで勝ち名乗りを上げたいものだ。特にW杯最終予選メンバーに選ばれた清武、山口蛍の出来が勝負を左右する。(totoONE編集部)

■サガン鳥栖 MFの原川力と高橋義希が好調を維持

 開幕戦の柏戦には敗れたが、それ以降の公式戦で3試合負けなしと本来の調子を取り戻しつつある。

 その中で好調なのが、ここまでFKから直接ゴールを2本決めているMF原川力と、J1リーグ第2節・川崎戦とルヴァン杯第1節・新潟戦でともにミドルシュートを決めたMF高橋義希だ。精度の高いキック、そして豊富な運動量をベースにした攻撃参加と、それぞれ2人の持ち味が生かされたゴールだった。だが、ゴールを挙げながらもなかなか勝利に結びついていないのがこれまでの鳥栖。公式戦4試合中3試合で先制点を挙げながら、得意の先行逃げ切りの形に持っていけず1勝2分1敗。その要因は守備にある。特に後半は鳥栖らしい粘り強い守備ができずに失点しているのだ。MF福田晃斗は「広島に勝った勢い、我慢するイメージを持って入れば」と今節のC大阪戦に向けて話した。

 守備と同じく気がかりなのはFW陣。ここまでの公式戦でまだゴールがない状態が続いている。チャンスは作っているだけにあとはフィニッシュの精度だけなのだが。そんな中、15日に強力な補強が発表された。コロンビア代表FWイバルボの加入だ。高さ、スピード、テクニックが揃った彼が鳥栖FW陣の起爆剤となるか? マッシモ・フィッカデンティ監督は「(C大阪戦の)18人のメンバーに入れることは絶対」とし、先発させるかどうかは「彼の状態をギリギリまで見て判断したい」と話した。(荒木英喜)

サッカーキング

C大阪をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ