羽生結弦、4月から早大6年生も「退学したくない」

3月17日(土)7時0分 NEWSポストセブン

絶対王者は文武両道

写真を拡大

 66年ぶりの五輪連覇を果たし、国民栄誉賞を受賞予定で、サイン入りスケート靴をオークションに出せば850万円を超え、売り上げは寄付。一挙手一投足が「完璧」「王子」という超人・羽生結弦(23才)が留年の危機を迎えている。


 羽生は現在、早稲田大学の現役の学生だ。国際スケート連盟のプロフィール欄にも「大学生」と明記されている。


「高校卒業時点で企業に所属することもできましたが、アスリートこそ社会性を身につけるべきだと、進学を決めました。早稲田大学を選んだのは、トリノ五輪金メダリストで高校の先輩でもある早稲田OGの荒川静香さんの影響。2013年に一般入試を受けて合格しました」(フィギュアスケート関係者)


 今年は2018年。ということは…。


「春からは羽生くん、6年生になるみたいですね。とはいえ、早稲田には “4年卒業三流”という言葉があって、4年で卒業する人は三流、留年する人は二流、中退が一流といわれます。つまり、しっかりやりたいことをやっている人ほど留年するし、留年は珍しくないということです。だから羽生くんレベルが普通に卒業してはダメですよ(笑い)」(早大の学生)


 羽生の所属は、早稲田大学人間科学部人間情報学科通信教育課程『eスクール』。練習拠点をカナダに置く羽生は、練習の合間にインターネット経由で授業を受けていた。


「早稲田の通信課程は課題も多く、特に卒業が難しいといわれています。4割ほどが、紗栄子(31才)や手越祐也(30才)のように中退します」(芸能関係者)


 それでも、羽生にとって辞めるという選択肢は今のところなく、「絶対に卒業したい」「退学したくない」と周囲に語っているという。


「“一流のスケーターである前に一流の人であれ”と言ってきた中学校の校長であるお父さんの影響も大きいと思います。それに学び続けることが、スケートのいい演技につながると考えているようです。心理学はメンタルの整え方、人間工学はジャンプの動きの客観視に生きたそうです」(前出・スケート関係者)


 足の治療に専念するため19日から始まる世界選手権(イタリア)の欠場を発表した羽生。2週間の安静と3か月のリハビリ加療に入る。久しぶりに勉強に専念できる時間が取れるか。


※女性セブン2018年3月29日・4月5日号

NEWSポストセブン

「羽生結弦」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「羽生結弦」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ