アザール、レアル移籍で個人合意か。憧れのジダンが決め手に?

3月18日(金)7時23分 フットボールチャンネル

 チェルシーで10番を背負うエデン・アザールは今季終了とともに移籍を決断するかもしれない。スペイン紙『アス』が報じた。

 アザールにはレアル・マドリーが関心を示しており、ジネディーヌ・ジダン監督が獲得を強く望んでいるという。一方チェルシーは来季からアントニオ・コンテ監督の就任が有力となっているが、不甲斐ないプレーに終始するアザールは構想外になる可能性が指摘されている。

 マドリーはジダン監督の信頼を勝ち取れなかったイスコとハメス・ロドリゲスの放出に動いているとされる。アザールは彼らの後釜として攻撃の中心を担うことが期待される。

 またチェルシーをけん引してきたスーパースターは母国ベルギーの新聞『ラ・ヌーヴェル・ガゼッタ』のインタビューに対し現状に満足していると語りながら「ジダンの下で練習してみたい。僕は子供のころからずっと彼のことをテレビやインターネットで見てきた。ジダンが何かを言った、ジダンが食べた…なんてことまでね」とマドリーを率いるレジェンドへの憧れを隠さなかった。この発言も移籍報道を後押ししている。

『アス』紙はアザールとマドリーが今夏の移籍で個人合意に至っているのではないかと伝えた。このままスペイン行きが決まってしまうのか、チェルシーの新監督人事も含めしばらく注目を集めそうだ。

フットボールチャンネル

移籍をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ