大久保も古巣相手にゴール! FC東京が川崎Fとの”多摩川クラシコ”を制す

3月18日(土)21時0分 フットボールチャンネル

【FC東京 3-0 川崎フロンターレ J1 第4節】

 明治安田生命J1リーグ第4節が18日に行われ、FC東京と川崎フロンターレは今季最初の“多摩川クラシコ“に臨んだ。

 味の素スタジアムに3万6000人以上の大観衆を集めた注目の一戦に、FC東京は川崎Fから今季移籍したFW大久保嘉人らが先発。ここまで開幕から3試合得点のない元3年連続J1得点王は、今季初ゴールを期して古巣相手のダービーマッチに臨んだ。
 
 27分にはその大久保にゴールが生まれたかに見えたが、左からのクロスに合わせてゴールネットを揺らしたプレーはオフサイドと判定。一方の川崎Fは31分、登里が自陣内から長い距離を一人で運んでシュートにまで持ち込むが、これはGK林のセーブに阻まれた。

 0-0のまま迎えた76分、均衡は意外な形で破られた。大久保のパスを受けてエリア内の深い位置へ抜け出した阿部がゴール前へ低いクロスを送ると、GKチョン・ソンリョンの足に当たって股間を抜けたボールがゴールの中へ。オウンゴールでFC東京がリードを奪うことに成功する。

 さらに86分、左サイドで相手を振り切った太田が正確なクロスを入れ、中央でピーター・ウタカが合わせる。広島から獲得した昨季J1得点王はルヴァンカップに続き、リーグ戦でもFC東京でのデビュー戦でゴールを記録してみせた。

 そして後半アディショナルタイムの90+2分、大久保にも待望の初ゴールが生まれる。ウタカとのワンツーで抜け出してフリーになると、1対1の形からGKをかわして無人のゴールにボールを蹴り込んだ。

 3-0で試合を終えたFC東京は、多摩川クラシコの連敗を3試合でストップ。勝ち点を9に伸ばして2位浮上を果たしている。

【得点者】
76分 1-0 オウンゴール(FC東京)
87分 2-0 ピーター・ウタカ(FC東京)
90+2分 3-0 大久保嘉人(FC東京)

フットボールチャンネル

FC東京をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ