【予想スタメン】指揮官交代に揺れる柏、昨季監督の吉田達磨氏が率いる新潟に挑む

3月18日(金)20時5分 サッカーキング

今季初勝利を目指す柏 [写真]=Getty Images

写真を拡大

■アルビレックス新潟 エース、ラファエル・シルバ不在の穴を埋められるか

 昨季指揮を執った古巣と激突する今節、吉田達磨監督はホーム初勝利を目指し、熱のこもったトレーニングを重ねた。

 今節は、連敗の流れを断ちたい一戦でもある。前節の横浜F・マリノス戦は、試合終了間際に勝ち越された。日本を代表するキッカーの中村俊輔を擁するとはいえ、2戦連続でCKから失点している。挑戦中のゾーンディフェンスには、まだまだ改善の余地がある。

 さらに、横浜FM戦では3戦連発中のラファエル・シルバが退場となり、今節は不在。試合ごとに得点力を見せている攻撃を、いかに機能させ続けるかがカギとなる。

 ここまでリーグトップの4得点を挙げているエースの欠場は、当然チームの打撃となるが、チームのアタッカー陣にとっては、アピールする絶好のチャンス。奮起が期待される一人が、前節で負傷によりベンチを外れた山崎亮平だ。今週のトレーニングではFWに入り、鋭いシュートを連発。柏戦に照準を合わせ、調子を上げている。

 また、ベテランの田中達也も、前節はサイドハーフで今季初先発。33歳にして新たなポジションに挑戦中で、意欲的な取り組みがチームを活気づけている。

 今週のトレーニングの紅白戦では、増田繁人、酒井宣福が主力組のディフェンスラインに入る場面もあった。増田がセンターバック、酒井が右サイドバックに入った最終ラインは、高さと前に跳ね返す強さがあり、有効なオプションになりそうだ。発展途上のチームは、各ポジションから成長しようとするエネルギーが感じられる。(totoONE編集部)
 
■新潟予想スタメン
4-4-2
GK
守田達弥
DF
小泉慶
早川史哉
大野和成
コルテース
MF
加藤大
レオ・シルバ
小林裕紀
田中達也
FW
指宿洋史
山崎亮平


■柏レイソル 突然の指揮官交代も、吉田監督との対戦にモチベーションは高い

 前節終了後、ミルトン・メンデス監督が「家族の健康上の問題」を理由に突如辞任を表明した。これによって、下平隆宏ヘッドコーチが昇格し、後任を務める。しかし、ただならぬ雰囲気や監督交代のショックはなく、選手たちはすでに次の試合に向けて切り替えている。長らくU−18で監督を務めてきた下平監督の就任によって、スタイルはこれまでのポゼッションに戻るが、「メンデス監督のアグレッシブな良い部分も取り入れていく」と下平監督は話し、実際に戦術練習では詳細に渡り指示が飛び、選手も混乱なく練習に臨めているようだ。

 前節は試合終了間際に追いつかれはしたものの、そのアグレッシブなスタイルで磐田を押し込んだ。田中順也は、柏復帰後初ゴールを決めて調子は上向き。また、田中同様、途中出場の山中亮輔、武富孝介が流れを変えたように、ベンチメンバーが充実している点も大きな強みだ。懸念は、プレシーズンから一向に改善されないセットプレーの守備。下平監督がその課題をどう修正するかも見ものである。

 そして、下平監督体制の初戦の相手は、昨年柏の指揮を執り、さらにアカデミーの礎を作り上げた吉田達磨監督が率いる新潟だ。吉田監督の出方を柏の選手たちは熟知している一方で、吉田監督も柏の選手の特徴をすべて把握している。どちらが互いの読み合いの上をいくか。かつての指揮官の想像を超えるパフォーマンスを発揮し、今季初白星を挙げたい。(鈴木潤)
 
■柏予想スタメン
4-2-3-1
GK
中村航輔
DF
湯澤聖人
鎌田次郎
中谷進之介
輪湖直樹
MF
秋野央樹
大谷秀和
伊東純也
茨田陽生
大津祐樹
FW
エデルソン

サッカーキング

「指揮」をもっと詳しく

「指揮」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ