横浜FCのルス監督が検査入院…山口戦は増田ヘッドコーチが暫定指揮

3月18日(金)14時25分 サッカーキング

今季から横浜FCに再登板したミロシュ・ルス監督 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 横浜FCは17日、ミロシュ・ルス監督が不整脈、冠れん縮性狭心症の疑いで検査入院することを発表した。

 入院期間は17日から22日までの予定で、20日に行われる明治安田生命J2リーグ第4節レノファ山口FC戦は増田功作ヘッドコーチが暫定的に指揮を執る。

 ルス監督は、スロヴェニア出身の53歳。現役時代はスロヴェニアとオーストリアのクラブを渡り歩き、引退後は母国で各世代の代表監督を務めた。昨季、横浜FCの監督に就任したが、2015年9月に成績不振と体調不良を理由に退任。しかし、今季はクラブからの要請で異例の再登板を果たしていた。

 今季、横浜FCはJ2リーグで3試合を戦ったが、3連敗で最下位に沈んでいる。

サッカーキング

「入院」をもっと詳しく

「入院」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ