母国の後輩ベイルを称賛するギグス氏「C・ロナウドのような選手」

3月18日(金)17時49分 サッカーキング

レアル所属のベイル(左)とC・ロナウド(右)[写真]=Getty Images

写真を拡大

 マンチェスター・Uのレジェンドの1人であり、現在はチームのアシスタントコーチを務めているライアン・ギグス氏が、ウェールズ代表での自身の後継者であるレアル・マドリード所属のMFギャレス・ベイルを称賛した。

 ギグス氏はベイルについて、自身にとってマンチェスター・Uでのかつてのチームメイトであり、同選手にとってレアル・マドリードでの現在のチームメイトである、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと姿が重なるとの印象を述べた。

「ベイルはC・ロナウドのような選手だ。彼はあらゆる物をバランス良く兼ね備えている。FKからも足でも頭でもゴールを決められ、スピードとパワーで相手を圧倒することもできる。彼のことを85分間抑えることはできても、わずか一瞬でゴールを決められてしまう」

 また、ベイルのポリバレントな能力を高く評価したギグス氏は、ウェールズ代表ではその強みを最大限に生かす考えであることを説明した。

「彼は素晴らしい才能の持ち主であり、あらゆるポジションでプレーすることができる。トッテナムでは主戦場は左サイドだったが、レアル・マドリードでは主に右サイドに入っている。一方、ウェールズではトップ下や偽の9番としてもプレーさせるオプションがある」

 この夏に行われるユーロ2016で悲願の本大会初出場を果たしたウェールズ代表だが、ギグス氏は大黒柱のベイルだけのチームではないことを強調している。

「ウェールズはワンマンチームではない。我々にはベイルの他にも強力なディフェンスという武器がある」

サッカーキング

「ギグス」をもっと詳しく

「ギグス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ