1年4カ月ぶり代表復帰のFWスアレス「再びウルグアイのために」

3月18日(金)17時18分 サッカーキング

2014年、W杯のイタリア戦に出場していたスアレス [写真]=FIFA via Getty Images

写真を拡大

 バルセロナに所属するFWルイス・スアレスが、1年4カ月ぶりにウルグアイ代表への復帰を果たすことが決定した。同選手のコメントをウルグアイ紙『エル・オブセルバドール』が伝えている。

 スアレスは2014年のワールドカップでユヴェントスに所属するイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに対して噛みつき行為を行ったことで、FIFA(国際サッカー連盟)から公式戦9試合の代表戦出場停止処分が下されていた。

 同紙のインタビューに応じたスアレスは「最悪の時は過ぎ去り、再びウルグアイのためにフットボールができる。これは僕がずっと待ち望んでいたことなんだ」と、喜びを語った。

 また「2年間の代表戦出場停止は長すぎる。理解しがたいね。ドーピングテストに落ちる方がまだマシだよ」と、自身に課せられた厳しい処分に不満を示した。

 2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選に挑むウルグアイ代表は、25日にブラジル代表、29日にペルー代表と対戦する。

サッカーキング

スアレスをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ