清武が決勝点演出のC大阪、今季リーグ戦初勝利…鳥栖は連勝ならず

3月18日(土)16時59分 サッカーキング

決勝点の起点となった清武弘嗣 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第4節が18日に行われ、セレッソ大阪とサガン鳥栖が対戦した。

 ホームのC大阪は開始7分にアクシデント発生。山下達也が負傷し、木本恭生が急遽ピッチに入る。鳥栖は30分、この試合がJデビュー戦となったビクトル・イバルボのパスを受けた豊田陽平がシュートを放つも枠を外れる。対するC大阪は33分、丸橋祐介のクロスに山村和也が頭で合わせるが、このシュートはGK権田修一にキャッチされ、前半は両チームスコアレスで折り返す。

 後半に入りC大阪が攻勢を強めると70分、CKの流れから清武弘嗣のクロスを木本が頭で折り返すと、最後は山村が頭で押し込み、ホームのC大阪が先制する。追いかける鳥栖は86分、田川亨介のチャンスメークから鎌田大地に決定機が訪れるも、シュートは枠を捉えることができない。

 試合は1−0で終了。C大阪は今季リーグ戦での初勝利となった。

 次節、C大阪はアウェイで横浜F・マリノスと、鳥栖はアウェイでFC東京と対戦する。

【スコア】
セレッソ大阪 1−0 サガン鳥栖

【得点者】
1−0 70分 山村和也(C大阪)

サッカーキング

C大阪をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ