劇的ロスタイム弾の仙台FW奥埜「粘った結果が最後のゴールにつながった」

3月18日(土)23時1分 サッカーキング

後半アディショナルタイムに決勝点を挙げた奥埜博亮 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

写真を拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第4節が18日に行われ、柏レイソルとベガルタ仙台が対戦した。

 スコアレスのまま迎えた後半アディショナルタイム、素早いリスタートから最後は奥埜博亮が右足でシュートを突き刺し、仙台が劇的勝利を収めた。

 試合後、決勝点を挙げた奥埜がインタビューに応えている。

「今年は結構苦しい時間帯が多くて、その中でもチーム全員で粘った結果が最後のゴールにつながったと思います」と劇的勝利の要因を分析。決勝点のシーンについては、「(金久保)順さんが早くリスタートをして、見てなかったんですけど声で反応して、うまくこぼれてきてたので思い切ってシュートを打ちました。最後ゴールの瞬間は見えてなかったですけど入って良かったです」と振り返った。

 最後にファン・サポーターに向けて「ホームでしっかり勝てるチームになりたいと思っているので、一緒に戦いましょう」とメッセージを送っている。

サッカーキング

仙台をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ