古巣との「特別な試合」で待望の初ゴール…大久保嘉人「本当に最高」

3月18日(土)21時28分 サッカーキング

FC東京の大久保嘉人が移籍後初ゴールをマークした [写真]=Getty Images

写真を拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第4節が18日に行われ、FC東京は川崎フロンターレを3−0で下した。

 ホームで今季最初の“多摩川クラシコ”に臨んだFC東京は、スコアレスで迎えた76分、阿部拓馬のクロスがオウンゴールを誘って先制に成功。86分には太田宏介のクロスをピーター・ウタカがダイレクトで叩き込み、リードを広げた。

 そして後半アディショナルタイム2分、ウタカとのワンツーでディフェンスラインの裏を取った大久保嘉人が、GKをかわして無人のゴールにシュートを沈め、待望の移籍後初ゴールをマーク。最高の形で試合を締めくくり、大一番を制した。

 試合後のインタビューに応じた大久保は、「本当に特別な試合でしたけど、まだ得点ができていなかったので本当に焦っていました」と正直に明かすと、「ホームで、こういう形で得点できたのは本当にうれしいです」と、川崎との大一番で初ゴールが生まれたことを喜んだ。

 ゴールについては、「常に得点は狙っていましたけど、2−0で勝っていたので焦らずに、チームが勝つためにやろうと思っていた。そういう中でいい形でゴールが取れたので本当に最高です」と振り返り、「ウタカ選手とはいつも練習中に『近くでやろう』という話はしていますし、自分のことを見てくれているので、信じて走り出しました」と、自身のゴールをアシストしたウタカとは早くもいい関係を築いていることをうかがわせた。

 そして最後に、待ち望んだFC東京での初ゴールに安堵の表情を浮かべつつ、さらなる活躍を誓っている。

「やっと点も入りましたし、これからもっともっと強い集団にするために、どんどん伝えていきたいと思いますし、自分もゴールを決めてサポーターに喜んでもらえるように頑張ります」。

 FC東京は次節、4月1日にホームでサガン鳥栖と対戦する。

サッカーキング

「大久保嘉人」をもっと詳しく

「大久保嘉人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ