米国がドミニカを逆転、スタントンが強烈2ラン! 勝者が準決勝で侍Jと激突

3月19日(日)12時42分 フルカウント

4強最後の1枠をかけてドミニカ共和国と米国が対戦

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド・プールFは18日(日本時間19日)、アメリカがドミニカ共和国から4回にスタントンの2ランで2点を勝ち越した。同組ではすでにプエルトリコが1位突破を決めており、この試合で勝利したチームが侍ジャパンと準決勝で対戦する。

 アメリカは初回にカノ、C・サンタナにタイムリーを浴びて2点を献上。しかし3回、8番スタントン、9番ルクロイの連打で無死一、三塁の好機を作ると、キンズラーのショートゴロの間に1点を返した。さらに2番イエリッチが2死一塁から左中間へタイムリー二塁打を放ち、同点に追いついた。

 そして4回、2死から7番クロフォードがヒットで出塁すると、スタントンがレフトスタンドへ強烈なライナーを突き刺し、2点を勝ち越した。

フルカウント

「ドミニカ共和国」をもっと詳しく

「ドミニカ共和国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ