侍J、カブス戦のスタメン発表「1番・遊撃」田中が先発 坂本はベンチ

3月19日(日)3時26分 フルカウント

カブス先発は右腕ラッキー、2番はワールドシリーズMVPゾブリスト

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で決勝ラウンドまで勝ち進んだ野球日本代表「侍ジャパン」は18日(日本時間19日午前5時)、アリゾナ州メサでカブスと練習試合を行う。日本は坂本勇人内野手(巨人)がスタメンを外れ、「1番・遊撃」で田中広輔内野手(広島)が先発出場する。

 4番は不動の筒香嘉智外野手(DeNA)。2次ラウンド第3戦はベンチで戦況を見守った中田翔内野手(日本ハム)が「5番・一塁」でラインナップに復帰した。先発は藤浪晋太郎投手(阪神)が務める。

 カブスは「1番・遊撃」として川崎宗則内野手が先発し、「2番・二塁」には昨季ワールドシリーズMVPに輝いたゾブリストが入った。先発のマウンドに上がるのは、メジャー176勝のベテラン右腕ラッキーだ。

 両チームのスタメンは以下の通り。

【侍ジャパン】

1(遊)田中
2(二)菊池
3(中)青木
4(DH)筒香
5(一)中田
6(右)鈴木
7(三)松田
8(左)平田
9(捕)大野

【カブス】

1(遊)川崎
2(ニ)ゾブリスト
3(右)ヘイワード
4(中)シーザー
5(捕)モンテロ
6(左)ハップ
7(三)カンデラリオ
8(一)ドミンゲス
9(投)ラッキー

フルカウント

「カブス」をもっと詳しく

「カブス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ