アラバがバイエルンとの契約を2021年まで延長「今後もタイトルを」

3月19日(土)16時38分 サッカーキング

バイエルンでプレーするDFアラバ [写真]=Bongarts/Getty Images

写真を拡大

 バイエルンは18日、オーストリア代表DFダヴィド・アラバとの契約を2021年6月30日まで延長したことを、クラブ公式サイトで発表した。

 アラバは2008年にバイエルンのユースに加入すると、2010年2月にトップチームでデビューを果たした。左サイドバックを本職としているが、ジョゼップ・グアルディオラ監督が就任した2013−14シーズン以降は中盤や3バックの左など複数のポジションを高いレベルでこなし、チームに欠かせない存在となっている。

 2018年までとなっていた契約を3年間延長したアラバは、「これからもこのクラブでプレーを続けられることを誇りに思う。僕はここで育ち、素晴らしい経験をたくさんしてきた。僕らはみんな貪欲で、今後もさらなるタイトルを獲得していきたいと思っている」と喜びのコメントを残している。

サッカーキング

バイエルンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ