復調のレスター、ウェストハムとの打ち合い制し3連勝! 岡崎は3戦連続で先発

3月19日(日)2時4分 サッカーキング

ゴールを喜ぶレスターの選手たち [写真]=West Ham United via Getty Images

写真を拡大

 プレミアリーグ第29節が18日に行われ、ウェストハムと日本代表FW岡崎慎司所属のレスターが対戦した。岡崎はリーグ戦3試合連続で先発に名を連ねた。

 試合は早い時間に動く。5分、右サイドでボールを持ったリヤド・マフレズがゴール前にクロスを放り込むと、DFと競り合った岡崎は合わせることができなかったが、ボールはそのままゴール左へ吸い込まれ、レスターが先制した。さらに7分、エリア手前左で得たFKを中央へ短く蹴り出すと、これを受けたマーク・オルブライトンが右足アウトでクロス。このボールをゴール前のロベルト・フートが頭で押し込み、リードが2点に広がった。

 ウェストハムは26分、エリア手前左で得たFKをマヌエル・ランシーニが右足で直接蹴り込み、1点差に詰め寄る。しかし39分、レスターはCKのこぼれ球に反応したジェイミー・ヴァーディが左足のシュートを突き刺し、再びリードを広げて前半を折り返した。

 後半に入り63分、ウェストハムは左CKをファーサイドのアンディ・キャロルが折り返し、ゴール前のアンドレ・アイェウがヘディング。このシュートがGKの手を弾いてネットを揺らし、スコアは3−2となった。

 なんとか逃げ切りたいレスターは76分、岡崎とヴァーディを下げて、アーメド・ムサとイスラム・スリマニをピッチへ送り出す。

 その後は同点を目指すウェストハムが押し込む時間が続いたが、最後までゴールは生まれず、このまま3−2でタイムアップ。打ち合いを制したレスターがリーグ戦3連勝を飾った。

 次節、ウェストハムは4月1日に敵地でハルと、レスターは同日にホームでストークと対戦する。

【スコア】
ウェストハム 2−3 レスター

【得点者】
0−1 5分 リヤド・マフレズ(レスター)
0−2 7分 ロベルト・フート(レスター)
1−2 26分 マヌエル・ランシーニ(ウェストハム)
1−3 39分 ジェイミー・ヴァーディ(レスター)
2−3 63分 アンドレ・アイェウ(ウェストハム)

サッカーキング

「レスター」をもっと詳しく

「レスター」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ