若手女子プロ ネイル怒られ「オバサンに言われたくない!」

3月19日(土)16時0分 NEWSポストセブン

今年も女子ゴルフ界の韓国旋風は止まない。国内女子ゴルフツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」(沖縄・琉球CC)で決勝ラウンドに進出した56人中、25人が海外勢だった開幕戦。本誌が昨年来報じてきた不安が的中した格好だ。


「韓国人の努力には敬服する。世界中で違うコース、芝に順応するために日が沈むまで練習をやめない。練習ラウンドはもちろん、食事や宿泊先までグループで行動する日本人プロたちとは意識が違いすぎる」(ゴルフ評論家の菅野徳雄氏)


意識の違いがハッキリと表われているのが、日本人と外国人の「趣味」なのだという。美術館めぐりや映画鑑賞をリラックスの方法にあげる韓国人選手たちに対し、横峯さくら上田桃子上原彩子などネイルサロン通いを趣味にあげる日本人プロは少なくない。


「テレビ中継があれば、パットのシーンなどで指先がアップになりますからネイルは気にしますね。二重まぶたなどプチ整形をするプロもいます。ビジュアルは人気面で重要だから、オシャレもファンサービスのひとつですよ」(女子プロの一人)


こんな日本人選手たちにカミナリを落としたのが、女子プロゴルフ協会の前会長、“チャコ”こと樋口久子氏だ。


「長い爪でゴルフができるの? 爪を切りなさい! あなた方はクラブを握ってナンボでしょう。できればルールでネイルアートを禁止したいぐらい」と、若手プロを掴まえてはお説教しているという。


もっとも、お叱りを受けた側は、「女子プロ名鑑が“怪獣図鑑”と呼ばれていた時代を変えたのは私たち。オバサンにいわれたくない!」(前出の女子プロ)と意に介していない様子。


※週刊ポスト2011年3月25日号

NEWSポストセブン

「ネイル」をもっと詳しく

「ネイル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ