BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

【試乗記】BMW M240i、M2クーペに比べ簡単に言えば、細マッチョ!:山田弘樹

日本版Autoblog3月19日(日)17時0分
画像:【試乗記】BMW M240i、M2クーペに比べ簡単に言えば、細マッチョ!:山田弘樹
写真を拡大


 世の中はとかく"飛び道具"にばかり反応するもので、その実一番使い心地が良いのは"中庸"であることを知らない。いや、本当に己を知る人ならばそれは知った上での余興を楽しみ、日々の営みは粛々としているものなのだろう。商売柄自分にはそういった上ずった声ばかりが多く聞こえてくるのだとは思うのだが。



 BMW2シリーズクーペ。いまやとびきり大きくなってしまった3シリーズに対するアンチテーゼのようなこのスペシャリティも(BMWにとっては補填だろう)、やはり人気はトップレンジの「M2」なのだが、ボクはこのM240iが、かなり高得点だと思っている。



<M235i>

 M240iはそれまで「235i」と名乗り、M2が登場するまで2シリーズクーペの看板を張っていたモデルの後継。搭載されるユニットにはBMWのストレート6を表す「N55型」の型式が与えられており、M2はもちろん、M3やM4もこのヘッドを使っている。



<M2>

 M2と240iの違いは、M2が強度に優れるクローズドデッキの専用ブロックを手始めに、専用のトップ形状を持つピストン、M直系のクランクシャフトを装備していること。その他にもサーキット走行を前提としたラジエターやトランスミッションオイルクーラー、オイルポンプなど、専用イクイップメントが細かく盛り込まれている。

<M2>

 こう書くとなんだかM2クーペの宣伝になってしまっている気もするが、ボクが言いたいのはそんなことじゃない。こうした補強を施されたM2のエンジンは、確かにM240iに比べ高回転で炸裂するパワー感や、その回転フィールがスカッと気持ち良いのだが、その分シャシー剛性も並行して高められ、ロードユースではそのウマミを存分に味わいきれないと感じるのだ。



<M2>

 正確にいうならばこれにはちょっと注釈が必要で、M2クーペもその凄み(すごみ)だけなら十分にストリートで味わえる。ただしこれをシャブリ尽くそうとなると、かなり頭のネジを緩ませるか、もしくは何本か外さなくてはならない。それほどM2はサスペンションを含むシャシー剛性が高く(トレッドなんかフロントで70mm、リアで65mmもワイドなのだ)、ちょっとやそっとじゃ"駆け抜けて喜びを感じられない"のである。簡単に言えば、ちょいマッチョ過ぎ。

 対してM240iは、(それでもオーバークオリティかと思うけれど、)そのパワーに対してシャシー剛性が絶妙にバランスしている。簡単に言えば、細マッチョである。

 サスペンションの剛性はスポーツカーを意識させるちょうどよいたくましさで、乗っていると元気が湧き上がってくるようなシッカリ感がある。そして「SPORT+」を選べば減衰力がさらに高まり、よりシャープな反応を楽しむことができる。



 またその直列6気筒のツインスクロールターボエンジンも、言っても340ps/500Nmものパワー&トルクを炸裂させるわけで、245幅の18インチタイヤ、ミシュランのパイロット・スーパースポーツをねじれさすほどの実力は持っている。

 これはM2クーペもそうなのだが、BMWの美点として「FR」(フロントエンジン・リアドライブ)と、「マニュアルトランスミッション」を称えることが多い。FRは確かに昨今得がたい駆動方式で、それに対する異論はあまりない。



<M2>

 ただ現状のBMWが出すMTに対しては、みなの賛美は過剰だとボクは思っている。M2もM4もそのプラットフォームはATやDCTを前提とした巨大なフロアトンネルを持っており、ここに手動式のシフトレバーを配したところで、遠くで操作をしているフィーリングは全然スポーティじゃない。また実際のサーキットだと、やりにくいとすら感じる。本国仕様ではない右ハンドルとなればなおさらだ。実はこのシフト操作に一体感がない傾向はE36時代からの伝統だが、プラットフォームが大作りな現行モデルではよりそれが顕在化した。



 マニュアルトランスミッションを残してくれる気概に対しては、BMWに賛辞を送りたい。そしてだからこそ、ボクはATやDCTの出来映えが際立つと評価したいのである。



 そう、M2がM240iに優れるポイントとしては、デュアルクラッチ式の素晴らしいレスポンスが上げられる。ただM240iの8速ATだって変速スピードはかなり速いし、ロックアップ機構も強力だ。それはニュルブルクリンクを走るM235iのレーシングカーが、この8ATを基本としていたことからも伺い知れる。



<M2 / M240i>

 となるとM2クーペは「サーキット」を視野に入れた2シリーズクーペであり、M240iはストリート用か? というとそうでもないからややこしい......もとい面白い。

 両者を筑波サーキットで走らせた経験からいうと、絶対的な速さと刺激こそM2クーペには及ばないものの、M240iはストリートで感じたバランスの良さが全面に現れ、走らせるのがすこぶる楽しいのである。アクティブディファレンシャルがない分だけM240iは駆動輪の空転が多く、簡単にいうとドリフト走行を維持して楽しめないが、FRスポーツとしての自由度は非常に高く、タイヤのスリップアングルをいかに使って走るかという、知的なスポーツドライビングを存分に愉しむことができる。



 ちなみにサイズこそ違えどM2クーペも240iも、リアの方がタイヤは太い。これはBMWがその高出力を幅広いユーザーへ提供するための、ある種の保険だと思うのだが、感触的には前後同サイズの方がバランスは良い。縦に長い直6をフロントに積むせいもあるだろう、つまりコーナーのターンインではフロントタイヤのグリップが不足しがちになり、本気で走るとアンダーステアが強いのだ。

 そしてこの傾向は、M2クーペの方が強く感じる。M240iは強烈なスピードや、高いスプリング剛性を持たない分、アマチュアでも進入スピード時にゆとりができ、その操作においてフロントタイヤのキャパシティを確保するようにターンインする余裕が生まれやすいのだと思う(もちろん前後同サイズの方が走りやすいけれど)。



 だからボクにとってM240iは、M2よりも身近かつリアルな憧れといえる存在なのである。もしこれでM2の7速DTCを搭載するマニアックな仕様なんかが出てきたら、一日中ソワソワしてしまうはずである。......出て欲しいなぁ。

【ギャラリー】BMW M240i (63枚)

■BMW Japan 公式サイト
Copyright(C)AOLオートブログ

はてなブックマークに保存

最新トピックス

スポーツトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「BMW」「クーペ」「細マッチョ」「商売」の関連トピックス

「BMW」をもっと詳しく

注目ニュース
徳島サポーターがボールボーイに水かけ!社長が謝罪 日刊スポーツ4月29日(土)17時49分
<明治安田生命J2:千葉2−0徳島>◇第10節◇29日◇フクアリジェフユナイテッド千葉−徳島ヴォルティス戦の試合後、徳島サポーターがボール…[ 記事全文 ]
羽生結弦 パートナーと決別…五輪連覇のため下した苦渋の決断 女性自身4月29日(土)6時0分
『写真・AFLO』「ショートプログラム(SP)に苦手意識が……」と語ったのは、羽生結弦(22)。4月20日の世界国別対抗戦でのことだ。[ 記事全文 ]
J2で異例の退場処分。相手選手ではなくボールボーイへの”ファウル”で一発レッド フットボールチャンネル4月29日(土)16時24分
29日に行われている明治安田生命J2リーグ第10節のジェフユナイテッド千葉対徳島ヴォルティス戦で、会場のボールボーイに対する不適切行為で選…[ 記事全文 ]
【徳島】馬渡、ボールボーイを手で突きレッドカード一発退場…千葉戦前半14分に スポーツ報知4月29日(土)17時21分
◆明治安田生命J2リ—グ第10節千葉2—0徳島(29日・フクダ電子アリーナ)J2徳島のDF馬渡和彰(25)がアウェー・千葉戦の前半14分、…[ 記事全文 ]
シンクロ日本選手権に男子選手が史上初出場 9人のフリーコンビネーションに スポーツニッポン4月29日(土)19時8分
シンクロナイズドスイミングの日本選手権第2日は29日、東京・辰巳国際水泳場で行われ、男子選手が史上初めて出場した。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 羽生結弦 パートナーと決別…五輪連覇のため下した苦渋の決断女性自身4月29日(土)6時0分
2 お前はいったい何連休や!松坂大輔の最新ニックネームは「歴史的不良債権」アサ芸プラス4月28日(金)17時59分
3 大相撲、森永製菓の懸賞がかかる一番はなぜ特別なのかNEWSポストセブン4月29日(土)7時0分
4 J2で異例の退場処分。相手選手ではなくボールボーイへの”ファウル”で一発レッドフットボールチャンネル4月29日(土)16時24分
5 徳島サポーターがボールボーイに水かけ!社長が謝罪日刊スポーツ4月29日(土)17時49分
6 ダルビッシュが「犬の里親に」 心優しき行動を地元紙が報じるフルカウント4月29日(土)10時3分
7 田中将大はMLB随一の「勝てる投手」 驚異の勝率.712は現役1位&“歴代3位”フルカウント4月29日(土)18時41分
8 福島千里、ふくらはぎけいれんで100メートル途中棄権…織田記念国際スポーツ報知4月29日(土)12時38分
9 【日本ハム】大谷、交流戦での復帰白紙…栗山監督「全くイメージがない」スポーツ報知4月29日(土)6時1分
10 田中将大が達成した「マダックス」とは? 米メディアが稀少な記録を特集フルカウント4月28日(金)15時42分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア