かつてバルサで活躍したエトー、古巣クラブの給与未払いに憤慨「我慢の限界だ!」

3月20日(日)21時1分 フットボールチャンネル

 かつてバルセロナで活躍したサミュエル・エトーが古巣サンプドリアを糾弾している。20日、イタリア紙『イル・セーコロXIX』が報じている。

 エトーは2015年1月から半年間サンプドリアでプレーした。しかしながら、退団後9ヶ月が経った今も給与が支払われていないという。同選手は「我慢の限界だ…」と憤慨している。

 しかしながら、サンプドリアのアントニオ・ロメイ弁護士は「エトーの契約は完全に解決した。契約書面もある。我々は10万ユーロをエバートンに支払ったよ」と未払いは一切ないと主張している。

「エトーがなぜそのような話をするのか分からない。彼は(移籍先である)トルコに行くために急いでいた。正直なところ、私は(今週末に戦う)キエーヴォを倒すことの方に興味を持っている」

 両者の主張は真っ向から対立しているが、果たして問題は解決されるのだろうか。

フットボールチャンネル

「エトー」をもっと詳しく

「エトー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ