カンテが告白。「私はリーグNo1の選手ではない」

3月20日(月)21時2分 フットボールチャンネル

 チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテは自身をプレミアリーグNo1の選手とは考えていないようだ。19日付けの仏テレビ局『Telefoot』が伝えている。

 現在、プレミアリーグで首位を走るチームを支え多くの人々から称賛を受けるカンテ。彼はインタビューに「今シーズンの自分の出来? 確かに調子はすごくいい。でも、私がリーグで一番の選手だとは思ってないよ」と自らを分析している。

 無尽蔵のスタミナを誇ることからチームメイトに“ラット(ねずみ)”というニックネームをつけられているカンテは「チームにはとても素晴らしい選手がたくさんいるんだ。彼らと一緒にタイトルを狙うよ」と力強く語った。

 昨シーズンはレスターの中心選手として“奇跡の優勝”に大きく貢献したカンテ。そんな25歳は今シーズンからチェルシーに移籍し、プレミアリーグ首位の原動力となっている。

フットボールチャンネル

告白をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ