市川大祐のJFL初ゴールなど3得点の八戸がホーム初戦で白星/JFL 1st第3節

3月20日(日)21時12分 サッカーキング

FC大阪と、アスルクラロ沼津が開幕3連勝を飾った

写真を拡大

 第18回日本フットボールリーグ1stステージ第3節が3月19日(土)に1試合、20日(日)に7試合が開催。沼津、FC大阪の2チームが開幕3連勝が飾った。

▼アスルクラロ沼津 4−2 流経大ドラゴンズ龍ケ崎
得点
1−0 14分 鈴木淳(沼津)
1−1 29分 イ・サンヒョク(流経大)
1−2 56分 池田紘大(流経大)
2−2 62分 薗田卓馬(沼津)
3−2 71分 中村亮太(沼津)
4−2 90分 中筋誠(沼津)

 19日、アスルクラロ沼津と流経大ドラゴンズ龍ケ崎が、富士総合運動公園陸上競技場で対戦。前半を1−1で折り返すと、後半は点の奪い合いに。56分に池田紘大が右サイドから決めて流経大が1点リードするが、シュート数で上回る沼津が62分に薗田卓馬のゴールで追いつくと、71分に中村亮太が頭で決め、90分に中筋誠が相手GKのこぼれ球詰めて4−2で逆転勝利。沼津が開幕3連勝を飾った。

▼ヴァンラーレ八戸 3−0 FCマルヤス岡崎
得点
1−0 22分 市川大祐(八戸)
2−0 45+1分 分水谷侑暉(八戸)
3−0 90+2分 吉川翔梧(八戸)

 20日、ヴァンラーレ八戸とFCマルヤス岡崎が八戸市東運動公園陸上競技場で対戦。試合を優位に攻める八戸は22分に右CKからのボールを市川大祐が頭で決め先制、前半終了間際に水谷侑暉がPKを決めて2−0で折り返す。後半も優位に攻める八戸が左からのクロスボールを中央で繋ぎ最後は吉川翔梧が押し込み3−0で快勝。マルヤスは前半チャンスを作るが決めれず、後半はシュート0本に終わり、開幕から無得点が続き3連敗となった。

▼Honda FC 2−0 ファジアーノ岡山ネクスト
得点
1−0 90+1分 鈴木雄也(Honda)
2−0 90+3分 松本和樹(Honda)

 Honda FCとファジアーノ岡山ネクストは、Honda都田サッカー場で対戦。試合は後半アディショナルタイムに動く。91分にPKのこぼれ球を鈴木雄也が詰めてHondaが先制。すると、終了間際に中央で繋いだボールを松本和樹が落ち着いて決めて、Hondaが2−0で勝利した。

▼FC大阪 4−0 東京武蔵野シティFC
得点
1−0 13分 四ヶ浦寛康(FC大阪)
2−0 14分 川西誠(FC大阪)
3−0 76分 田中直基(FC大阪)
4−0 90+6分 ジュニーニョ(FC大阪)

 FC大阪と東京武蔵野シティFCは、ヤンマーフィールド長居(長居第2陸上競技場)で対戦。シュート数は互角だったが、決め手で勝るFC大阪が13分に四ヶ浦寛康、14分に川西誠が決めて2−0で折り返すと、後半も76分に相手ボールをインターセプトした田中直基、終了間際にジュニーニョがPKを決めて4−0で勝利。FC大阪は、開幕から3連勝で首位をキープ。一方、武蔵野はFC大阪と同じ8本のシュートを放ちながら無得点で敗れ今季初黒星を喫した。

▼ホンダロックSC 2−0 奈良クラブ
得点
1−0 市原大嗣(21分)
2−0 米良知記(58分)

 ホンダロックSCと奈良クラブは、宮崎市生目の杜運動公園陸上競技場で対戦。前半、シュート数は奈良が上回るものの、ロックが21分に市原大嗣がPKを沈めてめ先制し1−0で折り返す。58分に今度は米良知記がPKを決め、ロックが2−0で勝利。奈良は、再三の決定機を作るもロックの堅い守りの前にゴールならず。今季未だ勝利なし。

▼ヴェルスパ大分 1−1 MIOびわこ滋賀
得点
1−0 10分 中島康平(V大分)
1−1 45+1分 坂本一輝(滋賀)

 ヴェルスパ大分とMIOびわこ滋賀は、だいぎんサッカー・ラグビー場 Aコートで対戦。10分、中島康平がPKを決めてV大分が先制するが、前半終了間際に坂本一輝が落ち着いて決めて滋賀が追いつく。後半は互いにチャンスを作り出したが、1−1の引き分けに終わっている。

▼栃木ウーヴァFC 2−4 ソニー仙台FC
得点
1−0 8分 内山俊彦(栃木ウ)
1−1 26分 有間潤(ソニー)
1−2 36分 有間潤(ソニー)
1−3 55分 前澤甲気(ソニー)
2−3 56分 濱岡和久(栃木ウ)
2−4 78分 有間潤(ソニー)

 栃木ウーヴァFCとソニー仙台FCは、栃木市総合運動公園陸上競技場で対戦。前半8分に内山俊彦がPKを決めて栃木ウ先制するが、ソニーは有間潤がPKを含む2ゴールを沈め逆転して前半を折り返す。ソニーは55分に前澤甲気、79分には有間がハットトリックを達成して大量4ゴールを奪い勝利。栃木ウは、56分に1点を返すものの2点差を追いつけず3連敗となった。

▼ブリオベッカ浦安 0−2 ラインメール青森
得点
0−1 阿達亮介(青森)
0−2 奥村慶之(青森)

 ブリオベッカ浦安とラインメール青森は、柏の葉公園総合競技場で対戦。試合を通じて19本のシュートを放った青森が53分に阿達亮介がこぼれ球を詰め先制、71分には奥村慶之がミドルシュートを決めて試合を制した。浦安は、開幕3連敗となっている。

 次節(1stステージ第4節)は、3月26日(土)に4試合、27日(日)に4試合が開催される。


▼JFL得点ランキング
5得点 有間潤(ソニー仙台FC)
3得点 水谷侑暉(ヴァンラーレ八戸)
2得点 内野裕太(ソニー仙台FC)
2得点 村上聖弥(ヴァンラーレ八戸)
2得点 三浦誠史(Honda FC)
2得点 蔵田岬平(アスルクラロ沼津)
2得点 四ヶ浦寛康(FC大阪)
2得点 川西誠(FC大阪)
2得点 ジュニーニョ(FC大阪)
2得点 山田貴文(ホンダロックSC)
2得点 中島康平(ヴェルスパ大分)
2得点 内山俊彦(栃木ウーヴァFC)

サッカーキング

日本フットボールリーグをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ